ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法などTOP > さまざまな治療と対策 > 初期療法について

初期療法について

 

別の記事でお伝えしましたが、花粉症の症状が出る前に薬を飲んで予防することが大切です。

 

あらかじめそうすることで、花粉症の症状を軽減することが出来るからです。

これを初期療法と言います。

 

それには、前もって花粉が飛ぶ前から医師に薬を処方してもらいます。

 

そして花粉シーズン中の症状を軽減するという方法です。

 

薬の服用については、花粉が飛ぶ数週間前から行ないます。

 

※花粉シーズン中はずっと服用しなければなりません。

 

具体的に言うと、ブタクサの場合は9月頃から花粉が飛ぶので、8月頃から服用を開始します。

 

そして、ブタクサ花粉シーズンが終わる11月頃まで薬を飲み続けます。

 

この初期治療に使われるのが「第二世代抗ヒスタミン薬」になります。

 

それは「化学伝達物質遊離抑制薬」になります。

 

ヒスタミンは体の中にある肥満細胞というものの中にあります。

 

花粉症が体の中に取り込まれると、その刺激で肥満細胞の膜が破れてしまい、ヒスタミンや化学伝達物質が飛びだすことで鼻水などの症状があらわれます。

 

この膜が破れるのを防ぐことが出来るのが、この化学伝達物質遊離抑制薬というわけですね。

 

第二世代抗ヒスタミン薬については、ヒスタミンが体の神経や血管に働きかけて症状が起こることから、ヒスタミンの受容体に先回りしてヒスタミンの働きを抑えるものです。

 

それがこの抗ヒスタミン薬の役割と言えます。

 

※ヒスタミンは、脳で体や心の機能を保つ働きもあります。

 

ヒスタミンによって鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こるので、このヒスタミンの働きを抑えてしまおうという方法ですね。

花粉症で悩んでいるならこちら

 

さまざまな治療と対策記事一覧

治療について

ある耳鼻科がスギ花粉症の患者400人を調べました。それによると、その中の1割〜2割程度の人が、ブタクサやカモガヤなど秋にかけて飛ぶ花粉にも反応する抗体があったそうです。...

対策について

あなたは花粉症ですか?花粉症の症状が出た時に、その症状を抑えるためには薬の力を借りることになると思います。ですが、薬に頼るだけではいけませんよ。まずは、花粉...

薬について

花粉症の薬として、現在数多くの製品が販売されていますが何かご存知ですか?病院で医師の処方でもらう医薬品にも数多くの薬がありますよね。また、一般的に薬局などで買える市...

空気清浄機の活用

あなたは、花粉症対策として空気清浄機を使うと良いという事を知っていますか?世間でも春のスギやヒノキ花粉の時期、または秋のブタクサの時期になると、空気清浄機がよく売れているそ...

初期療法について

別の記事でお伝えしましたが、花粉症の症状が出る前に薬を飲んで予防することが大切です。あらかじめそうすることで、花粉症の症状を軽減することが出来るからです。これを初期...

初期療法のメリットとは?

こちらでは、初期療法をすることで得られる具体的なメリットを挙げていくので、ぜひ参考にしてみて下さい。まず1つ目は、花粉シーズンに突入してもシーズン中の症状が軽減できることで...