ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法などTOP > さまざまな治療と対策 > 空気清浄機の活用

空気清浄機の活用

 

あなたは、花粉症対策として空気清浄機を使うと良いという事を知っていますか?

 

世間でも春のスギやヒノキ花粉の時期、または秋のブタクサの時期になると、空気清浄機がよく売れているそうですね。

と言っても、空気清浄機には様々なタイプのものが販売されています。

 

その中でも、ファン式になっている空気清浄機が花粉には良いですね。

 

それを選ぶと良いでしょう。

 

フィルターの網目の細かさについては、空気清浄機の機種によって変わってきます。

 

しかし、網目でほとんどの花粉をキャッチすることが出来るそうです。

 

これを使用すれば、花粉の大きさからしてもほとんどの空気清浄機において花粉を捕まえることが出来ます。

 

フィルターの網目に花粉、または部屋のダニの死骸などを含んだ空気がすり抜けて濾過されて、空気が浄化されるという仕組みですね。

 

このようなことから、ファンがついている空気清浄機の方が良いという事になります。

 

<置く場所について>
置き場所としては、顔の高さの位置に置くと良いですね。

 

花粉は床に落ちると言われています。

 

なぜなら、花粉は空気中にあるわずかな水分と合体して重くなって床に落ちるからです。

 

そして、部屋の中を歩いたり動いたりすることによって、床に合った花粉が室内に舞い上がってしまいます。

 

この時、顔の高さに空気清浄機があると、舞い上がった花粉を吸い込めますよね。

 

お分かりいただけたでしょうか。

 

室内はフローリングの床の方が良いですね。

 

その方が空気清浄機の効果も高くなります。

 

カーペットなどがある場合には、カーペットの毛に花粉などがからまってしまったり、ハウスダストと混じったりもします。

 

この状態で室内を歩くことで、カーペットにからまっていた花粉が舞いあがるようになるためにフローリングの方が良いですね。

 

空気清浄機を部屋の片隅に置いておくのはよくありませんよ。

 

吐き出される空気が顔に触るくらいの距離に置きましょう。

 

当たり前の事ですが、やはり顔の高さに置くことが最も効果的ですね。

 

就寝時については、布団またはベッドの近くに置きましょう。

 

寝ている時でも顔の高さに設置するのが良いでしょう。

 

スギ花粉の人は春に、ブタクサ花粉の人は秋に、空気清浄機を使って快適に過ごしていきましょう。

花粉症で悩んでいるならこちら

 

さまざまな治療と対策記事一覧

治療について

ある耳鼻科がスギ花粉症の患者400人を調べました。それによると、その中の1割〜2割程度の人が、ブタクサやカモガヤなど秋にかけて飛ぶ花粉にも反応する抗体があったそうです。...

対策について

あなたは花粉症ですか?花粉症の症状が出た時に、その症状を抑えるためには薬の力を借りることになると思います。ですが、薬に頼るだけではいけませんよ。まずは、花粉...

薬について

花粉症の薬として、現在数多くの製品が販売されていますが何かご存知ですか?病院で医師の処方でもらう医薬品にも数多くの薬がありますよね。また、一般的に薬局などで買える市...

空気清浄機の活用

あなたは、花粉症対策として空気清浄機を使うと良いという事を知っていますか?世間でも春のスギやヒノキ花粉の時期、または秋のブタクサの時期になると、空気清浄機がよく売れているそ...

初期療法について

別の記事でお伝えしましたが、花粉症の症状が出る前に薬を飲んで予防することが大切です。あらかじめそうすることで、花粉症の症状を軽減することが出来るからです。これを初期...

初期療法のメリットとは?

こちらでは、初期療法をすることで得られる具体的なメリットを挙げていくので、ぜひ参考にしてみて下さい。まず1つ目は、花粉シーズンに突入してもシーズン中の症状が軽減できることで...