ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法などTOP > さまざまな治療と対策 > 治療について

治療について

 

ある耳鼻科がスギ花粉症の患者400人を調べました。

 

それによると、その中の1割〜2割程度の人が、ブタクサやカモガヤなど秋にかけて飛ぶ花粉にも反応する抗体があったそうです。

こちらもやっかいな花粉症ではありますが、高い樹木で遠くまで花粉をまくスギと違い、ブタクサやヨモギなどは草花なので花の咲く位置も低いようです。

 

そのため、よほど強い風が吹かなければ遠くまで飛散することはないと言っていいでしょう。

 

よって、ブタクサなどに反応して花粉症状がある人は、生息地になりそうな河原または空き地などに行かないようにしましょう。

 

それが対策として大切ですね。

 

基本的に、ブタクサなどの花粉症の治療方法もスギ花粉症と同じになります。

 

ヒスタミンを抑える薬である抗ヒスタミン剤を服用したり、粘膜の炎症を抑えるステロイド剤を花の穴から噴霧したりします。

 

このように薬物治療が行われます。

 

※注意:抗ヒスタミン剤を服用すると眠気を催すという副作用があります。

 

そんなこともあって、最近はあまり眠気が現れない薬も登場しています。

 

ご存知ですか?

 

と言っても、症状やアレルギー源、体質などによって薬の効果も違ってきます。

 

また、副作用も違ってくるので医師と相談しながら服用するようにして下さい。

 

それが大切ですね。

 

その他、レーザーで鼻の粘膜を焼くという治療法がありますがご存知ですか?

 

これは、粘膜を焼いてしまうことでアレルギー源に反応する箇所をなくすという治療法です。

 

これを花粉が飛散する時期の前に行うことで、そのシーズンは薬を服用することなく過ごせるようになります。

 

良いでしょう。

 

※ただし、その効果は2年程度しか持続しません。

 

そのため、花粉症自体が完治するわけではないので勘違いしないようにして下さい。

 

また、毎年のようにレーザーで粘膜を焼き続けた場合、安全性についてもハッキリとは分かっていないのでその辺も頭に入れておきましょう。

 

それから、アレルギーの原因となる物質を薄めて少しずつ体に注射して入れていくことで、徐々に体を慣らして体質改善を行うという方法もあります。

 

その結果、アレルギー反応しなくなるようにするというものですね。

 

この方法なら花粉症を完治させることが出来ます。

 

しかし、実際には注射をしても効果が期待できない人もいるようです。

 

調べたところでは、花粉症患者の3割には効果が無かったと言われています。

 

しかも、この注射による治療法は、スギやブタクサなど特定のアレルゲンに限られてしまっています。

 

そんな問題点が挙げられています。

 

どの治療法を行うにしても、まずは医療機関で血液検査をしましょう。

 

そこでアレルギー源を特定することが必要になります。

花粉症で悩んでいるならこちら

 

さまざまな治療と対策記事一覧

治療について

ある耳鼻科がスギ花粉症の患者400人を調べました。それによると、その中の1割〜2割程度の人が、ブタクサやカモガヤなど秋にかけて飛ぶ花粉にも反応する抗体があったそうです。...

対策について

あなたは花粉症ですか?花粉症の症状が出た時に、その症状を抑えるためには薬の力を借りることになると思います。ですが、薬に頼るだけではいけませんよ。まずは、花粉...

薬について

花粉症の薬として、現在数多くの製品が販売されていますが何かご存知ですか?病院で医師の処方でもらう医薬品にも数多くの薬がありますよね。また、一般的に薬局などで買える市...

空気清浄機の活用

あなたは、花粉症対策として空気清浄機を使うと良いという事を知っていますか?世間でも春のスギやヒノキ花粉の時期、または秋のブタクサの時期になると、空気清浄機がよく売れているそ...

初期療法について

別の記事でお伝えしましたが、花粉症の症状が出る前に薬を飲んで予防することが大切です。あらかじめそうすることで、花粉症の症状を軽減することが出来るからです。これを初期...

初期療法のメリットとは?

こちらでは、初期療法をすることで得られる具体的なメリットを挙げていくので、ぜひ参考にしてみて下さい。まず1つ目は、花粉シーズンに突入してもシーズン中の症状が軽減できることで...