ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法などTOP > 原因について > オオブタクサについて

オオブタクサについて

 

ブタクサ花粉症の真犯人を知っていますか?

 

それは、実は「オオブタクサ」という植物になります。

つまりは、オオブタクサを根絶することが重要な鍵になります。

 

言い換えると、ブタクサ花粉症から解放されることに繋がるという事です。

 

オオブタクサは外来種なので、根絶することは可能なんです。

 

しかし、これについては実際に地域をあげて、オオブタクサの根絶を進めて行かなくてはいけません。

 

ですが、実際にそんなところはあります。

 

市と地域団体が共に数年間かける必要がありますが、そうすることでオオブタクサ根絶することができます。

 

そんな取り組みを行って、現在すでにその量が半減していることも事実としてあります。

 

そんなオオブタクサの弱点をご紹介するので、参考にしてみて下さい。

 

<弱点について>
オオブタクサは、根が浅い一年草になります。

 

そのため根っこを刈ったら良いそうです。

 

※根っこを土中に残した状態で刈ってしまったとしても、再生できないそうなので安心して下さい。

 

よって、オオブタクサを抜く時に一生懸命根っこまで掘る必要はありませんよ。

 

それから、もう一つオオブタクサには弱点があります。

 

それは、種の移動能力がほとんど無いという事です。

 

新たに種を結実させないようにすれば大丈夫になります。

 

それで土中に残っている休眠種子がなくなるまでの間は、毎年オオブタクサを刈り取って下さい。

 

そうしていけば毎年発生率が減っていきますよ。

 

※休眠率は10%程度です。

 

※1年間で10分の1程度は減らすことが出来ます。

 

これを3年ほど続ければほとんど無くなりますよ。

 

もうひとつ言うと、わずかに生えてきたオオブタクサも見逃すことなく刈り取る事が大事ですね。

 

このようにして、しっかりと監視を続けていくことで根絶することが可能となります。

 

まずは、自分の住んでいる近くから始めましょう。

 

周辺地域から始めることで、自分の住環境からブタクサを排除することが出来ます。

 

このようにした結果、毎年のようにブタクサ花粉症に悩まされることがなくなりますよ。

 

すぐに根絶することはできませんが、地道に毎年除去するようにすることで量が減っていきます。

 

そして、花粉症の症状も少しづつ抑える事が出来るでしょう。

 

これは患者としてはかなり嬉しいことですよね。

 

スギの樹は伐採できませんが、身近に生えている雑草なら排除することが出来るので、出来るかぎり刈っていきましょう。

花粉症で悩んでいるならこちら

 

原因について記事一覧

オオブタクサについて

ブタクサ花粉症の真犯人を知っていますか?それは、実は「オオブタクサ」という植物になります。つまりは、オオブタクサを根絶することが重要な鍵になります。言い換え...

喘息草について

通常、花粉を吸い込むと鼻水や目のかゆみなどの症状が現れますよね。あなたの場合はどうですか?しかし、花粉を吸い込んで呼吸困難、または喘鳴などの症状が現れたら怖いですよ...

秋特有の植物について

秋の花粉症には厄介なところがあります。それは、私たちの体に夏場の疲れが多く出る季節だからです。それはどういうことかと言うと、体の免疫が弱っているところにやってくるか...

食事との関係

秋はブタクサ花粉のシーズンですよね。花粉症になったら食事にも注意をする必要があるんですが、知っていますか?花粉症の症状があらわれた時に控えた方がいい食べ物があります...

遺伝との関係

ブタクサ花粉やスギ花粉など代表的な花粉がありますが、花粉症はある程度遺伝的なものが強いようですね。まず、両親が共に花粉症の場合としては50%の確率になり、その子供も花粉症を...

口腔アレルギー症候群との関係

「口腔アレルギー症候群」がありますが、ご存知ですか?これが、花粉症と深く関係しているそうです。アトピーの人でその原因が食べ物にある場合としては、この口腔アレルギー症...