ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法などTOP > 基礎知識A > 市販薬と処方薬の違い

市販薬と処方薬の違い

 

現在、花粉症の薬は多数販売されていますよね。

 

自分たちで薬局などから購入できる市販薬もたくさん販売されています。

もちろん病院へ行って医師に処方してもらう処方薬も購入できますよね。

 

そこで一つ疑問に思うことがあります。

 

それは、花粉症の市販薬と病院からの処方薬の違いは一体何なのでしょうか。

 

あなたはその違いが分かりますか?

 

一般的に花粉症の市販薬については、何種類もの薬が混ざって出来ている合剤というのが大多数を占めています。

 

<主成分について>
眠気がある第一世代の抗ヒスタミンが入っています。

 

これには、ヒスタミンを強力に抑制できる効果がありますが、もちろん副作用もあります。

 

※副作用としてかなりの眠気を伴う薬です。

 

即効性がある薬で効き目が強いですが、眠気や喉の乾きなどの副作用が頻繁に起こってしまうので注意しましょう。

 

そうなると、症状が長く出てしまい、薬を長期間飲み続けなければならないという人の場合はかなりきつい薬になりますね。

 

特にブタクサの花粉の場合は、毎年のように少しずつ花粉シーズンが長くなっているようなので、長期化されると花粉の薬を飲む期間も長くなります。

 

これは辛いものがありますね。

 

※注意:運転をよくする人、危険を伴う仕事についている人には不向きな薬と言えます。

 

その他、飲み薬にはその他にも漢方薬があります。

 

また、市販薬では鼻に直接薬を噴霧する点鼻薬もあります。

 

この点鼻薬の中には血管収縮薬が入っているので、効き目が薄くなることもあります。

 

更には、点鼻薬の使用を止めてしまえば、鼻づまりが以前よりもひどくなってしまうということあるようです。

 

そのため、薬局で購入する時にはまず自分の症状、アレルゲンについて、ブタクサならブタクサ花粉症と告げて相談してみましょう。

 

そうすることをお勧めします。

 

<病院で処方してもらう薬の場合>
この場合は、第二世代の抗ヒスタミン剤が入っています。

 

第一世代の抗ヒスタミンよりも即効性は穏やかだと言えます。

 

病院なので、鼻水を抑える薬や目のかゆみを抑える薬、鼻づまりを治す薬といったようにそれぞれの症状に合わせた薬をもらうことが出来ますね。

 

点鼻薬は病院でも処方できます。

 

しかし、この場合は血管収縮薬ではなくステロイド薬になります。

 

薬代についても市販薬は高いので、保険を使って病院で処方してもらう方が安くなると思いますよ。

花粉症で悩んでいるならこちら

 

基礎知識A記事一覧

秋に症状が出るのは?

あなたは、秋の花粉症の原因として何が挙げられるかご存知ですか?秋の花粉の植物の代表に挙げられるのが「ブタクサ」ですね。花粉症の患者と言えば、一般的にはスギが有名です...

時期が長期化している?

米国農務省、USDAの情報では、北アメリカの地域のいくつかでブタクサの時期が長期化しているそうです。ブタクサが終わる時期についても、遅くなっていることが分かったと発表してい...

症状の違いについて

あなたは、ブタクサ花粉症と他の花粉症との違いは何だか分かりますか?実は、日本で初めての花粉症と言うと、スギではなくブタクサだったようなんです。ご存知ですか?...

現状について

現在、日本では多くの人が花粉症の症状を発症しています。私もその一人です。辛いですよね。このように、全国には花粉症に悩まされている人がたくさんいます。...

市販薬と処方薬の違い

現在、花粉症の薬は多数販売されていますよね。自分たちで薬局などから購入できる市販薬もたくさん販売されています。もちろん病院へ行って医師に処方してもらう処方薬も購入で...