ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法などTOP > 基礎知識A > 現状について

現状について

 

現在、日本では多くの人が花粉症の症状を発症しています。

 

私もその一人です。

辛いですよね。

 

このように、全国には花粉症に悩まされている人がたくさんいます。

 

そこで今回は、花粉症の現状がどうなっているのかを見ていきましょう。

 

ぜひ参考にして下さい。

 

<花粉症の現状について>
具体的に言うと、花粉症の患者数は2,000万人以上もいるそうです。

 

それは全人口の15%以上にもなります。

 

しかも、今後発症するという予備軍も多数いるそうで、その数もほぼ同数近くとなっています。

 

年齢別に見てみると、中学生で約4割近い人が花粉症になっています。

 

次に、80歳以上の高齢者にはほとんど花粉症の人がいないと言います。

 

そんな事実が分かっています。

 

これは、例え今はまだ発症していなくても、体の中に蓄積される花粉の量が増えていくことで、そのうち発症する可能性があるという事ですね。

 

その可能性が高いと言えます。

 

よって、現在花粉症ではないという人も気をつけましょう。

 

一応花粉症の予備軍になります。

 

その対策としては、飛散する時期にはマスクをするなどして下さい。

 

これによって極力花粉を体内に取り込まないようにしましょう。

 

蓄積させないようにして予防すること、それが大切ですね。

 

ちなみに、花粉の飛散量については、前年の夏に気温が高くて日射量が多い時ほど、翌年の花粉飛散量が多くなるようです。

 

そして、1月の気温が高い時ほど飛散は早い時期から始まるそうですね。

 

※スギ花粉のピークは2月〜4月です。
 飛散が終わるのは5月上旬になります。

 

※ヒノキ花粉のピークが3月〜5月です。

 

※スギに反応する人の多くはヒノキにも反応します。

 

花粉の飛散距離は、気象条件などでも変わってきます。

 

場合によっては100kmも飛ぶことがあるようです。

 

近所だけでなく、その他の周辺地域の情報にも注意しなければいけませんね。

 

このように、日本国内にスギが増えたのは、戦後スギを大量に植林したことが原因としてあります。

 

ですが、最近では花粉の飛散量が100分の1程度というスギもあります。

 

これは品種改良して植林しているからですね。

 

※スギは成長して伐採できるまで、なんと50年もかかるのですぐに効果は現れません。

 

また、現在花粉の幹に注入することで、飛散量を96%も減らすことが出来るいう液体も開発途中にあるそうです。

 

ところで、ヨモギやブタクサなどが原因の花粉症は8月〜10月ごろに発症します。

 

その場合、鼻水やくしゃみなどの症状が風邪と紛らわしくなって、夏風邪と間違えることがあります。

 

薬を飲んでもなかなか治らないということもあるようです。

 

ヨモギやブタクサなど秋の花粉症は、風邪と区別することも必要になってきますね。

 

最近では子供の花粉症も増えているようです。

 

小さいころから花粉を浴びないように注意しておきましょう。

 

それには保護者の注意も必要になります。

花粉症で悩んでいるならこちら

 

基礎知識A記事一覧

秋に症状が出るのは?

あなたは、秋の花粉症の原因として何が挙げられるかご存知ですか?秋の花粉の植物の代表に挙げられるのが「ブタクサ」ですね。花粉症の患者と言えば、一般的にはスギが有名です...

時期が長期化している?

米国農務省、USDAの情報では、北アメリカの地域のいくつかでブタクサの時期が長期化しているそうです。ブタクサが終わる時期についても、遅くなっていることが分かったと発表してい...

症状の違いについて

あなたは、ブタクサ花粉症と他の花粉症との違いは何だか分かりますか?実は、日本で初めての花粉症と言うと、スギではなくブタクサだったようなんです。ご存知ですか?...

現状について

現在、日本では多くの人が花粉症の症状を発症しています。私もその一人です。辛いですよね。このように、全国には花粉症に悩まされている人がたくさんいます。...

市販薬と処方薬の違い

現在、花粉症の薬は多数販売されていますよね。自分たちで薬局などから購入できる市販薬もたくさん販売されています。もちろん病院へ行って医師に処方してもらう処方薬も購入で...