ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法などTOP > 基礎知識A > 時期が長期化している?

時期が長期化している?

 

米国農務省、USDAの情報では、北アメリカの地域のいくつかでブタクサの時期が長期化しているそうです。

 

ブタクサが終わる時期についても、遅くなっていることが分かったと発表しています。

これは、ブタクサの花粉症の症状が出ている人にとっては嫌なニュースですよね。

 

その研究によると、北アメリカとカナダの地域のいくつかで、現在ではブタクサの花粉が1995年より1ヶ月間長くとどまっているという事が分かったそうです。

 

このように、花粉の増加は高緯度地方で気候の変動もあり、暖かくなる時期がズレていることに関係しているようですね。

 

15年間10か所で花粉を測定してきたデータでは、環境の変化による秋の初霜到来の遅れも原因にあるとしています。

 

また、霜が降りない日の日数なども関係していると言います。

 

ここ数年、高緯度の地域では霜が降りない日が増えているそうなんです。

 

それに伴い、ブタクサの花粉シーズンも長期化していることが分かったそうです。

 

しかも、この15年間のうち当初に比べて花粉シーズンが13日〜27日も長くなったそうです。

 

初霜到来日の遅れ、そしてブタクサの花粉シーズンが長期化したことに密接な関係があることが分かりました。

 

このような環境の変化は、問題になっている地球温暖化に関係するものではないでしょうか。

 

私たちが生活している中で、排気ガスやゴミ、工場の煙など、その全ては生活に関わりがあって必要なものですが、そのようなものが原因で環境が破壊されています。

 

そして、それが回りまわって私たちの花粉症の原因となっています。

 

今また環境破壊によって、自然の生態系が崩れようとしています。

花粉症で悩んでいるならこちら

 

基礎知識A記事一覧

秋に症状が出るのは?

あなたは、秋の花粉症の原因として何が挙げられるかご存知ですか?秋の花粉の植物の代表に挙げられるのが「ブタクサ」ですね。花粉症の患者と言えば、一般的にはスギが有名です...

時期が長期化している?

米国農務省、USDAの情報では、北アメリカの地域のいくつかでブタクサの時期が長期化しているそうです。ブタクサが終わる時期についても、遅くなっていることが分かったと発表してい...

症状の違いについて

あなたは、ブタクサ花粉症と他の花粉症との違いは何だか分かりますか?実は、日本で初めての花粉症と言うと、スギではなくブタクサだったようなんです。ご存知ですか?...

現状について

現在、日本では多くの人が花粉症の症状を発症しています。私もその一人です。辛いですよね。このように、全国には花粉症に悩まされている人がたくさんいます。...

市販薬と処方薬の違い

現在、花粉症の薬は多数販売されていますよね。自分たちで薬局などから購入できる市販薬もたくさん販売されています。もちろん病院へ行って医師に処方してもらう処方薬も購入で...