ブタクサの花粉対策ナビ - 発症時期と予防・改善法などTOP > 基礎知識@ > 種類について

種類について

 

日本で花粉症と言うと、「スギ花粉症」といったイメージが強いですよね。

 

というか、そもそも日本以外にも花粉症はあるの?と思いますよね。

意外と花粉症の原因となる植物花粉は、他にも様々な種類があるんです。

 

あなたはご存知ですか?

 

<花粉の種類>
・スギ
・ヒノキ
・ブタクサ
・マツ

 

<イネ科の植物>
・ヨモギ
・シラカバ
・ハンノキなど

 

しかも、初めて日本で花粉症として報告されたのは「スギ花粉症」ではないんです。

 

実は「ブタクサ花粉症」だったんです。

 

近年、日本ではブタクサが減ってきていることで、ブタクサ花粉症の人が減ってきています。

 

それでも、スギ花粉症やヒノキ花粉症の次に多いのがブタクサ花粉症だそうですね。

 

そのように言われています。

 

ちなみに、アメリカではブタクサ花粉症はとても多いようです。

 

※人口の5%〜15%もいます。

 

ヨーロッパでは、イネ科の花粉症が多くなっているそうです。

 

そのため、スギとブタクサとイネの3つを世界では“3大花粉症”と言います。

 

<ブタクサについて>
ブタクサは、高さ1m程度の雌雄同株の植物になります。

 

同じキク科のオオブタクサも花粉症の原因になる植物です。

 

※オオブタクサの場合、高さはもう少し高く2m程になります。

 

花粉が飛散する時期は早秋頃から始まります。

 

※スギについては春先に飛散します。

 

もしも秋頃に花粉症の症状が出た場合は、ブタクサ花粉症を疑って下さい。

 

ブタクサ花粉は、大体8月〜10月に飛散すると言われています。

 

※北の方の地方では8月〜9月頃です。
※南の方の地方では9月〜10月頃です。

 

このように地域によって差があります。

 

この秋頃に花粉を飛散する植物は他にもあります。

 

ヨモギの花粉ですね。

 

これも花粉症の原因となります。

 

ヨモギもブタクサと同じキク科の植物になります。

 

その他にも、クワ科のカナムグラによる花粉症もあるので注意しましょう。

花粉症で悩んでいるならこちら

 

基礎知識@記事一覧

花粉症とは?

花粉症とは一体どんな病気なのでしょうか。そもそも花粉症とは、空気中に飛んでいる花粉を体の中に吸い込むことで発症するアレルギーのことを言います。言い換えると、ブタクサ...

種類について

日本で花粉症と言うと、「スギ花粉症」といったイメージが強いですよね。というか、そもそも日本以外にも花粉症はあるの?と思いますよね。意外と花粉症の原因となる植物花粉は...

検査方法について

ブタクサであれスギであれヒノキであれ、花粉症と正しく診断する為には検査をする必要があります。その検査は、アレルギー検査として皮膚検査、血液検査があります。更に、花粉...

風邪との違い

秋になるとブタクサ花粉などの症状がきつくなる人がいます。そんな時、夏風邪に間違われることも結構あるようですね。花粉症の症状としては、鼻水が出てくしゃみが出て体がだる...

季節ごとの飛散植物

花粉症対策には、まずどの時期にどんな花粉が飛散するのかを知ることが大切です。いつどんな植物が花粉を出すのか、どれくらいの量出すのか、どこで飛散するのかなど、それらを知ってい...